ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

熱分析装置(示差走査熱量測定装置)

活用事例
熱分析装置(示差走査熱量測定装置)
担当部所材料・分析技術部 化学材料グループ
メーカ名(株)パーキンエルマージャパン
メーカ商品名/型式示差走査熱量測定装置/DSC 8500
性能・仕様測定原理:入力補償方式、測定温度範囲:-170~750℃(液体窒素使用時)、昇降温速度:最大750℃/min(液体窒素、ヘリウム雰囲気下)、測定レンジ:±800mW
用途物質の温度を変化させたときの吸熱量・発熱量を測定する
対象試料セラミックス材料、金属材料、高分子材料など
設置年月2010年01月
利用料金1時間につき(その他)1,700円(高温(600℃以上))8,100円 
機器利用研修費初回に機器利用研修費3,000円が必要
注意事項
・現在、液体窒素のユニットを使用できないため、使用温度範囲は-70~750℃、冷却速度は最大300℃/min程度(ヘリウム雰囲気下)となります。
・冷却装置使用の場合には、常温に復帰するまで2~3時間運転を継続する必要があります。