ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

業務概要


重点戦略

 兵庫県立工業技術センターは、中小企業を支える開かれたものづくり技術支援機関として、中小企業のニーズを的確に把握し、具体的な成果につながる技術支援を行うとともに、戦略的な研究開発や技術の高度化を支援することによりものづくり産業の競争力強化をめざします。
 中小企業のものづくりの様々なステージにおける技術課題の解決を支援するため、技術相談に対応しながら専門的な立場から技術指導を行い、共同研究、プロジェクト研究等につなげることにより、中小企業のニーズに応える「技術の駆け込み寺」としての役割を果たしていきます。
 中小企業の新分野進出や競争力のある技術開発を効果的に進めるため、高度先端機器を有する地域企業に開かれた「ものづくり技術の支援機関」として機能強化し、限られた研究資源を有効に活用しながらものづくり基盤技術の高度化や成長分野につながる戦略的な研究開発を支援します。
 中小企業の多様なニーズに応じた研究開発を効率的に推進するため、これまで培ってきた技術支援のノウハウや大学・試験研究機関・産業支援機関とのネットワークを活用し、産学官共同による創造的な技術開発を通じてものづくり産業の競争力強化を支援します。

1.中小企業のニーズに対応した成果志向型の技術支援の強化

中小企業が抱える課題やニーズを的確に把握し、ものづくりの様々なステージにおける技術支援を強化するため、ワンストップ体制による技術相談体制の強化を図り、現場の技術的課題の解決につながる成果志向を強めた技術支援を推進します。

2. オンリーワン企業の育成に向けたものづくり基盤技術の高度化や成長分野における研究開発の推進

高度なものづくり基盤技術を活かした高付加価値製品の開発、地域発のイノベーション創出、産地ブランドの確立などをめざした研究開発を推進し、ものづくり産業の競争力強化とオンリーワン企業の成長に寄与します。

3. センター保有技術シーズ育成のための研究施設「研究本館」等の整備

工業技術センターの技術シーズ育成や企業等との共同研究を推進するため、既存棟を研究本館として改修します。併せて研究・技術開発管理部門の配置と、技術交流の場として研究発表会、講演会等に利用できるスペースを設け、異業種交流、産学官交流を推進します。

4. 産学官連携ネットワークの活用と推進

中小企業の技術力の高度化や新たな分野での創造的な技術開発を効率的に推進するため、企業との共同研究や企業、大学とのプロジェクト研究など産学の連携を強化します。また、兵庫県工業技術振興協議会を通じて行ってきた共同研究、異業種交流や産学官連携等について一層推進するとともに、関西広域連合における広域産業振興の取組みとして、各府県市の公設試験研究機関の連携を強化します。

5. 限られた資源の集中による効率的・効果的な運営の徹底

重要な事業の選択と集中を機動的に進めることで、限られた人員や予算などの経営資源のより効果的な活用を図ります。

兵庫県立工業技術センター 中期事業計画(平成26~30年度)

工業技術センターの果たすべき役割、目標や業務の基本的方向をまとめました。こちらからご覧下さい。   
   

業務内容

1.技術相談・技術支援

総合相談窓口・ハローテクノ あらゆる相談・利用案内の窓口としてハローテクノを開設しています。まずは、ハローテクノ(078-731-4033)にお電話、メールください。
企業訪問 センターの研究員による技術支援チームが地域企業の生産現場を訪問し、個々の技術的相談とその解決にあたります。

【集中企業訪問】
 研究員を中心とした班が、県内の特定地域、分野等の企業を集中的に訪問します。
研究会活動の支援 県内の中小企業を中心に構成される技術研究会や14の技術研究会の連携組織である兵庫県工業技術振興協議会等の活動を支援しています。
派遣企業が独力では対応が困難な技術的諸問題を解決するため、企業に技術アドバイザーを派遣し、技術支援を行っています。
最新情報を利用した技術支援 各種データベースの活用や、研究機関からの研究報告の収集、関係機関・大学等との連携などを通じて最新の技術情報を収集し、技術相談に迅速に対応します。また、必要に応じ対応可能な機関を紹介することにより皆様の要望にお応えします。
県内の中小企業支援団体が連携し、様々な課題を抱える中小企業の支援のため、創業支援、経営革新支援、技術支援、能力開発・雇用支援等の総合的な支援を行っています。

2.機器利用

センターでは保有する機器の大部分を、企業の技術者が自ら、機器を操作して分析、評価を行い、問題解決や新製品開発に役立てていただけるよう開放しています。また、技術相談の内容に応じて、分析・測定・加工・試作等を行っています。さらには、民間の試験分析機関等もご紹介しています。
中小企業が抱える新製品開発、生産工程改善、クレーム処理等の技術的課題の解決を支援する ため、技術相談を受けて、一部の分野では依頼に応じて試験、分析、加工を行っております。

3.共同研究・受託研究・テクノトライアル

新製品・技術開発を支援するため、センターが研究者、機器、設備等を提供し、企業と共同して研究開発を行います。
企業が独力では解決が困難な課題で、センターが保有する機器、技術等で対応できるものについては、試験・分析等を受託しています。
企業が独力では困難なアイデア段階での試作や、今後研究するかどうかを見極めるための実験をセンターのノウハウやシーズを活かして行います。簡単な手続きでお申込みができ、費用も低料金です。

4.人材育成

ものづくり基盤技術入門研修 企業の技術者・研究者の人材育成を目的に、講義と実習を通して、ものづくり基盤技術に関する基礎技術・知識を身に付けられます。
技術講習生 技術開発に必要な各種の分析、試験、測定、評価などの技術を習得するための研修を行います。
センターが開放している140余の機器について、企業の技術者が利用するのに先立ち、操作方法等を習得するための機器利用研修を開催しています。研修時間は機器により異なります。
皮革大学校 製革業、革製品製造業とその他の皮革関連企業における製革技術者の育成を目的に、皮革製造に関する基礎知識、生産技術及び皮革関連情報等について基礎・専門課程の研修を行います。

5.研究開発 (平成27年度 平成27年7月13日現在)

事業
研究テーマ 主担当
戦略的基盤技術 高度化支援事業 無水銀紫外線ランプに対する真空ガラス接合技術の開発 石原嗣生
地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金 淡路島に点在する蓄エネ設備を活用した地域エネルギーの地産地消を目指したエネルギーマネジメントに関する調査 三浦久典
戦略的情報通信研究開発推進事業(フェーズⅡ) 超薄型柔軟膜を用いた貼付け型ヒューマンインタフェースの研究開発 平田一郎
科研費・若手B 表面ナノ構造制御による高機能ゴム材料の創製 本田幸司
科研費・基盤C 屋外対応型ウエアラブル・モーションキャプチャーシステムのデザイン 後藤泰徳
弾性表面波の波動特性を用いた粉体の精密輸送制御 才木常正
超弾性合金のマイクロエンドミル加工によるカテーテルの高性能化に関する研究 浜口和也
ロービジョン者用ディスプレイのための2波長対応回折光学素子の作製 瀧澤由佳子
時間変化を考慮したエルゴノミクスデザインシステムの開発 平田一郎
熱アシストプラズマ処理によるフッ素樹脂の接着剤レス協力接合 柴原正文
科研費・基盤B 日本酒文化を核とした地域振興・地域観光に関する総合研究~6次産業化戦略をめぐって~ 井上守正
JST研究成果最適展開支援事業(A-STEP)ハイリスク挑戦タイプ ランタンシリケートを用いた中温作動型SOFCの実用化に向けた研究開発 吉岡秀樹
SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術 リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメイドラバー製品の設計生産と社会経済的な価値共創に関する研究開発 北川洋一
天田財団一般研究開発助成金 レーザ加熱を利用した嵌合に関する研究 岸本 正
東海産業技術振興財団研究助成 セルロース微粒子を用いた新しいバイオコンポジットゴム制振材の減衰特性評価(減衰特性に着目したセルロース微粒子を配合したゴム材料の開発) 長谷朝博
兵庫県COE (成長産業育成支援枠「応用ステージ研究」) バイオマーカー測定用携帯型高感度ELISA分析機の開発 才木常正
技術改善研究 触動作時に指に生じる力に着目したゴム系材料の触感評価方法の改善に関する研究 佐伯光哉
切削加工による微小歯車の製作 安東隆志
集積化マイクロ化学チップのための電気制御システムの開発 濵谷 毅
張力差制御整経技術の実用化に向けた研究 東山幸央
におい嗅ぎ付きGC/MSによる天然皮革のにおい分析 鷲家洋彦

6.研究成果の移転推進

研究成果発表会 センターで実施した様々な技術研究開発の具体的な成果をご紹介するため、研究者自らが発表する「研究成果発表会」を開催しています。また、ポスターセッション、パネルと試作品の展示、交流会なども同時に行います。
移動工業技術センター 県内各地に出向き、地域に関係するあるいは要望のある技術シーズについて発表会を行うとともに、パネル、試作品の展示および技術相談コーナーの開設を行います。また、神戸大学や兵庫県立大学等と連携した合同技術シーズ発表会も開催しています。
展示会への出展 県内外で開催される各種展示会等に、研究成果紹介パネル、センター紹介パネルおよび試作品等を展示し、利用促進と成果普及を推進します。

7.技術情報の提供

技術資料の収集・提供 センターの具体的な研究成果や活動情報については、定期的に広報誌を発行しています。また、平成27年3月現在で最新の日本工業規格(JIS規格)が全分野にわたって閲覧いただけます。
講習会・講演会の開催 様々な講習会や講演会を開催しており、最新の情報は、ホームページのお知らせ等のページをご覧ください。

8.知的財産の創出と活用

特許の活用 センターでは、研究開発の過程で得られた成果を特許などの知的財産として保有し、その活用により企業における新技術の構築と新製品の開発に貢献します。保有特許の詳細な内容、技術移転などについて遠慮なくご相談ください。

主な技術支援業務

主な技術支援業務は
をご覧下さい。

公的研究費の不正使用防止への取り組み

当工業技術センターでは、公的研究費の管理・監視体制を定めています。(平成28年4月1日改定)