ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

トンネル換気制御システムの開発

背景


道路に設置されているトンネルには、天井部にジェットファンを備えた縦流換気方式が広く採用されています。この換気装置は、車両の排気ガスをトンネル外の新鮮な空気に置き換えるために利用されていますが、換気電力量が大きいため、省エネ運転が強く望まれています。また、トンネル内に火災が発生した場合には、煙や熱が風下方向に流れるため安全性に問題があります。そこで、ジェットファンの省エネ運転と、火災発生時の安全性向上のために、インバータ駆動による換気制御システムの開発を行いました。

成果


実験用のインバータ制御盤を試作するとともに、実機を利用してジェットファンの制御実験(図1)を行いました。これにより、ジェットファンの推力(回転数)を細かく制御することが可能になり、ジェットファンの省エネ運転と火災発生時の制御が可能になりました。その後、システムの実用化のために、図2のインバータ制御盤を開発しました。この制御盤を実際のトンネルに持ち込んで、基礎的な実験データを収集することにより、製品開発を行いました。(本研究は、㈱創発システム研究所と共同で実施しました。)ジェットファン

研究者からのコメント


トンネル換気用のジェットファンの推力(回転数)を細かく制御することが可能です。

トンネル換気制御システムの開発
応用分野トンネルの換気制御
研究体制H20年度、平成22年度共同研究
担当部所技術支援部
担当者金谷典武
特許取得・成果発表ハイウエイテクノフェア2009,2010 に出展
TEL078-731-4486
キーワードトンネル、ジェットファン、換気制御