ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

環境問題に配慮した非有機溶剤系仕上げ技術に関する研究

背景


“人と環境に優しいエコレザー”開発が高まっており、革の仕上げについては、有機溶剤を使用した塗装からVOC問題により、水性仕上げの比重が高まっています。環境問題に対応できない企業では存続が困難な時代になると思われます。有機溶剤仕上げに対抗するために水性仕上げ剤に架橋剤を添加して塗膜を強化し、水性仕上げでも充分な強度を有する塗膜を作製することに取り組みました。

成果


染色摩擦堅ろう度、耐摩耗性、耐屈曲性などをJIS規格に基づいて評価しました。架橋剤を使用することによって、従来の有機溶剤を用いた仕上げ塗膜と同等の強度を有する水性仕上げが可能でした。

研究者からのコメント


地球に優しく、作業する人にも優しい製品作りに取り組んでいきます。
環境問題に配慮した非有機溶剤系仕上げ技術に関する研究
応用分野皮革の仕上げ
研究体制重点領域研究
担当部所皮革工業技術支援センター
担当者西森 昭人
特許取得・成果発表
TEL079-282-2290
キーワード水性 仕上げ 架橋剤