ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

兵庫県花「のじぎく」から生まれるポリフェノール成分豊かな健康茶

背景


「のじぎく」は、植物学者の牧野富太郎博士の研究により兵庫県内の群生規模が全国一であったことから、兵庫県花として登録されました。この地域産物である「のじぎく」を地域特産品に活用するため「のじぎく」の有する機能性を明らかにするとともに、これを用いた地域特産品として「お茶(のじぎく茶)」の試作開発に取り組みました。

成果


「のじぎく」の花頭には、ケルセチン配糖体やルテオリン配糖体など多くのポリフェノールが含まれており、ほかの食用菊と比較しても機能性成分は遜色ないことが分かりました。また食経験に乏しい「のじぎく」の安全性について種々の試験から特に問題ないことを確認しました。これらの結果から、新規機能性食品素材として「のじぎく」を用いたお茶の試作を行いました。
のじぎく茶の開発01 のじぎく茶の開発02

研究者からのコメント


兵庫県花「のじぎく」から生まれるポリフェノール成分豊かな健康茶
応用分野機能性食品、地域特産品
研究体制H21 全国中小企業団体中央会 ものづくり中小企業製品開発等支援補助金 (姫路獨協大学、のじぎく保存会(姫路市)、香寺ハーブガーデン)
担当部所環境・バイオ部
担当者泉 恵、井上守正
特許取得・成果発表第15回日本フードファクター学会(H22 ポスター発表) 産技連ライフサイエンス部会 研究成果・事例発表会(H23 口頭発表)
TEL078-731-4033
キーワード機能性食品、ポリフェノール、地域産物/食品・バイオ技術