ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

衣服型人体動作入力装置の開発 ~肩周りのスムーズな動きを自在に実現~

背景


付帯設備を必要とせず、装着も容易な衣服型人体動作入力装置があれば、実験室でなくても日常生活の中で人体動作を測定することができるのではないかと考えました。衣服型人体動作入力装置は、従来の人体動作入力装置のように関節部に個々のセンサを装着するのではなく、衣服内部にポテンショメータや電装を実装した衣服型を製品形態とします。

成果


肩周りの関節の回転角度を捕捉するポテンショメータに対し、関節可動によって生じる本体と通信線の断線や破壊を回避するため、ABS樹脂を用いてラピッドプロトタイピング造形によりケーシングしています。また、肩の運動を妨げないようスムーズな動きが得られるよう設計しています。今回の研究では、この肩のモジュールを製作し、動作検証しました。

研究者からのコメント


このモジュールに対し、外部からの干渉による破壊を避けるため、樹脂製カバーで被覆した後、繊維素材で内外から挟み縫製する予定です。
衣服型人体動作入力装置01 衣服型人体動作入力装置02
衣服型人体動作入力装置の開発 ~肩周りのスムーズな動きを自在に実現~
応用分野「人体姿勢・動作」の評価
研究体制H21重点領域研究推進事業にて一部試作開発.h25~27科研費基盤研究(C)
担当部所技術支援室
担当者後藤泰徳
特許取得・成果発表平成22年度 工業技術センター研究成果発表会
TEL078-731-4033
キーワードプロダクトデザイン