ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

播州織の伝統技法「スワイベル織」による世界初の「無縫製」織物ドレス作製技術の開発

背景


無縫製ニット技術はマスコミ報道等でよく紹介されており、ご存知の方も多いと思います。しかし、織物技術による無縫製織物の衣料品はありません。
そこで、播州織産地から姿を消して久しい織物技術「スワイベル織(注)」に注目し、布を織るだけで縫わずに服を完成させる世界初の技術開発に取り組みました。他の繊維産地はもとより諸外国に対抗できる高感性な新製品織物の研究開発です。

成果


現在の技術力をベースに伝統技術に立脚した織機を開発しました。
・スワイベル織用の“スワイベル装置”を開発のためのメカニズム研究
・開発した装置を使用した“無縫製ドレス”と“スワイベル織”による製品開発研究
を中心に取り組みました。 
播州固有の変織技法による世界初の無縫製織物ドレスの研究開発01 播州固有の変織技法による世界初の無縫製織物ドレスの研究開発02

研究者からのコメント


故きを温ねて新しきを知る。忘れ去られようとする伝統技術を最新の技術でリメイク、復活を果たす。
伝統技術の継承。魅力ある産地の形成に一役買う。
播州織の伝統技法「スワイベル織」による世界初の「無縫製」織物ドレス作製技術の開発
応用分野織物製造、縫製業、雑貨資材
研究体制地域イノベーション創出研究開発事業(経済産業省委託)、サポインで継続研究中 繊維技術センターに装置類を設置
担当部所繊維工業技術支援センター
担当者古谷 稔
特許取得・成果発表特許出願中(糸張力装置)
TEL078-731-4033
キーワード伝統織物、織機、スワイベル/繊維・皮革技術