ホーム
組織紹介
保有技術
機器利用
共同研究
技術相談
 
 
 
 
 
 
 

ステンレス製品の品質管理 ~腐食や破壊の原因究明と問題解決のために~

要旨


 ステンレス鋼とは文字どおりさびない鋼であり、強度と見た目の美しさと相まって調理用品、シンク、浴槽や門扉などの家庭用品や建築金具からビルの内外装、電車の車体などありとあらゆる製品に使用されています。ステンレス鋼は、その特性を知り適正に使用すればその高耐食性故に丈夫でいつまでも美しさを保っていますが、一歩間違った使い方をすると、腐食したり破壊に至るような事故を引き起こす結果になってしまいます。本稿では一般的なステンレス鋼の性質と2~3の事故例について簡単に説明します。

研究者からのコメント


 ステンレス鋼は多くの種類があり、その特性を十分に理解し、使用環境に十分注意して鋼種の選定を行えば、美しくて丈夫で永く使用できる優れた材料です。現在も新しい鋼種の開発が精力的に進められており、将来更に優れた合金が出現する可能性を秘めています。
 ステンレス鋼で破壊や腐食など、何らかの問題が発生すれば、筆者までご連絡していただければ、微力ではありますが問題解決に努力いたします。


本文のダウンロード



ステンレス製品の品質管理 ~腐食や破壊の原因究明と問題解決のために~
応用分野金属材料・加工
研究体制県単独研究
担当部所ものづくり開発部
担当者髙橋輝男
特許取得・成果発表
TEL078-731-4033
キーワードステンレス鋼、品質管理