兵庫県立工業技術センター > 依頼試験 > 耐折またはかたさ試験

依頼試験情報一覧へ戻る

耐折またはかたさ試験

対象材料の具体名
使用機器・器具名 テーバー式剛さ試験機
試験の内容 荷重振子の中心線上に試験片を取り付け、曲げ装置により180±40度/分の速度で左右両方向に回転させ、15度曲げたときの荷重目盛を読みとり、曲げモーメントから強度を求める。
試験の精度 荷重目盛:補助おもりを用いて、最大曲げモーメント5000gf・cmまで掛けられ、その指示精度は5%以内
対象物の形状等 幅38.1mm、長さ約70mmのもの、20枚以上
利用料金 7,100円/件
別途、試料調整(温度、湿度)も可能。
注意事項 試験片幅は30~40mmのものを使用してもよい。JIS P 8126参考。分析試験成績書が追加で必要な場合は別途複本費用が必要です。
実施場所 神戸
担当部署 材料・分析技術部 化学材料グループ
業務コード 4071900

依頼試験に関するお問い合わせ

JISP8115、JISP8125、テーバー、耐折、曲げ