機器利用

HOME > 機器利用 > 紫外レーザ加工装置

機器情報一覧へ戻る

紫外レーザ加工装置

紫外レーザ加工装置
メーカー名 タカノ株式会社
メーカー
商品名/型式
UVTS-4500-HKG
性能・仕様 波長、出力、集束スポット径、パルス幅:355nm、3W、15μm、15ns・266nm、250mW、10μm、10ns、対応試料寸法:200mm×200mm×50mm、ガルバノスキャン範囲:30mm×30mm
用途 難加工材を微細ならびに高効率に加工する装置
対象試料 難加工薄板
利用料金 5,800円/時間
機器利用
研修費
受講料5,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2013年3月
担当部署 生産技術部 金属・加工グループ
業務コード 3011830

355nmと266nmの2波長の紫外レーザを搭載し、難加工材を微細ならびに高効率に加工する装置

機器利用に関するお問い合わせ