機器利用

HOME > 機器利用 > 雰囲気可変型赤外線ランプ加熱装置

機器情報一覧へ戻る

雰囲気可変型赤外線ランプ加熱装置

雰囲気可変型赤外線ランプ加熱装置
メーカー名 アルバック理工株式会社
メーカー
商品名/型式
QHC-P610CP
性能・仕様 ・温度範囲:室温~1000℃(最高1200℃) ・均熱ゾーン:φ40×L80 ・ 試料台寸法:W20×L40 雰囲気:大気、真空(10-2Pa)および雰囲気ガスは窒素、アルゴンガスなど最大4種類 ・加熱制御方式:熱電対入力-プログラム起電力比較によるクローズコントロール
用途 金属など各種材料の熱処理シミュレータ、熱サイクル試験、熱衝撃試験、半導体材料の焼成など。容易に金属材料の組織制御試験が行えるため、最適熱処理条件を迅速に決定できます。
対象試料 金属材料、セラミックなどの無機材料、複合材料
利用料金 8,400円/時間
機器利用
研修費
受講料3,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2012年3月
担当部署 生産技術部 金属・加工グループ
業務コード 3061250

機器利用に関するお問い合わせ

赤外線、ゴールドイメージ炉、真空中、ガスフロー、大気中、急速過熱