機器利用

HOME > 機器利用 > レーザー回折式粒度分布測定装置

機器情報一覧へ戻る

レーザー回折式粒度分布測定装置

メーカー名 ㈱島津製作所
メーカー
商品名/型式
レーザ回折式粒子径分布測定装置SALD-2300
性能・仕様 レーザ回折・散乱法、湿式及び乾式測定、測定範囲0.017~2500μm
用途 各種粉末試料の粒度分布の測定
対象試料 各種粉末
利用料金 1,000円/時間
機器利用
研修費
受講料3,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2012年9月26日
担当部署 材料・分析技術部 無機材料グループ
業務コード 3100250

粒子にレーザ光を照射すると、その粒子の大きさに応じて様々な方向へ回折・散乱光が発せられます。本装置は、これらの光の回折・散乱強度分布を解析して粒子径分布を求める装置で、湿式と乾式の両方での測定が可能です。測定範囲は、17nmから2,500μmにおよび、測定時間も短く、リアルタイムでの粒子径分布の変化も監視できるため、種々の粉末の粒子径分布測定に対応可能です。

機器利用に関するお問い合わせ

粒度、粒度分布、粒子、粒、粉、粉末、パウダー、乾式、湿式