機器利用

HOME > 機器利用 > 動的接触角測定装置

機器情報一覧へ戻る

動的接触角測定装置

メーカー名 KRÜSS 社
メーカー
商品名/型式
自動接触角計/DSA100S 
性能・仕様 測定方式:液滴法、滑落法、拡張収縮法
用途 接触角測定装置は、表面の洗浄性・ぬれ性・接着性など評価ができる装置であり、特にこの動的接触角測定装置では液滴の滑り易さ・転がり易さといった「動的」な評価が可能です。それにより、液滴が動き始める時の傾斜角度、液滴が進む方向と後退する方向の接触角が測定可能で、従来の接触角測定装置ではできなかった詳細な情報が得られます。たとえば、金属表面の撥水・撥油性や接着性の評価などに利用できます。
対象試料 属,半導体,セラミックス,プラスチック等の表面や、エッチング、スパッタリング、プラズマ処理した試料の評価もできます。
利用料金 750円/時間
機器利用
研修費
受講料2,000円
設置場所 神戸
注意事項 ・試料ステージは、10cmx10cm程度。
・傾斜させる場合には、試料が落ちないように固定する必要あり。
・水以外の液体を使用する場合は、その液体と滴下するためのシリンジを持参すること。
・データを取り出す際は、CD-RもしくはDVD-Rを持参すること(動画は容量が大きいのでDVD-R推奨)。
設置年月 2010年12月
担当部署 材料・分析技術部 化学材料グループ
業務コード 3101655

機器利用に関するお問い合わせ

接触角、ぬれ性、濡れ性、撥水性、撥油性、親水性、親油性、動的接触角、前進接触角、後退接触角、前進角、後退角、転落角、転落法、拡張収縮法、表面自由エネルギー、水、油、表面処理、表面改質、高分子、プラスチック、金属、セラミック、ガラス