機器利用

HOME > 機器利用 > マイクロフォーカスX線透視装置

機器情報一覧へ戻る

マイクロフォーカスX線透視装置

メーカー名 ノードソン・アドバンスト・テクノロジー㈱
メーカー
商品名/型式
サブミクロンフォーカスX線検査装置/XD7600NT RUBY
性能・仕様 ・認識解像度0.50μmのX線管(X線発生器)を搭載
・200万画素デジタルI.I.管を搭載
・幾何学倍率最大1800倍(計算値)
・I.I.管(X線検出器)を最大70°傾動、サンプルを中心にして360°方向から観察可能
・最大基板サイズ508mm × 404mm(最大5kg)まで搭載可能の大型テーブル
・リフローシミュレーター(加熱ステージ)を搭載
用途 工業製品の欠陥検査と部品の内部構造を非破壊で検査する。加熱ステージ(~340℃)による高温観察も可能。
対象試料 工業製品:鉄鋼、非鉄金属、プラスチック、セラミックス
利用料金 2,500円/時間
機器利用
研修費
受講料5,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2015年1月
担当部署 生産技術部 機械システムグループ
業務コード 3106680

この機器は、平成25年度補正予算事業 地域オープンイノベーション促進事業により設置したものです。

機器利用に関するお問い合わせ

X線透視 ボイド 欠陥