機器利用

HOME > 機器利用 > 紫外・可視・近赤外分光光度計

機器情報一覧へ戻る

紫外・可視・近赤外分光光度計

メーカー名 株式会社島津製作所
メーカー
商品名/型式
紫外・可視・近赤外分光光度計/SolidSpec-3700
性能・仕様 波長範囲:240~2,600nm(積分球使用時)、190~3,300nm(直接受光ユニット使用時) 波長分解:0.1nm 測光方式:ダブルビーム測光方式
用途 紫外から可視、近赤外の光を物質に照射し、その時の相互作用(吸収や反射)を解析する装置です。有機物や無機物の定性・定量分析をはじめ、幅広い固体試料の透過率、反射率などの特性評価に利用できます。
対象試料 有機、無機物(液体および固体)試料が測定できます。
利用料金 700円/時間
機器利用
研修費
受講料4,000円
設置場所 神戸
注意事項 機器利用の場合は、最初に機器講習を受けていただきます。
(受講料4,000円と講習時間分の利用料金が必要です。)
設置年月 2009年10月
担当部署 材料・分析技術部 無機材料グループ
業務コード 3112130

機器利用に関するお問い合わせ

光透過率、光反射率、液体試料、固体試料, 反射率、透過率、吸収率、薄膜、液体、溶液、固体、バンドギャップ、日射反射率、紫外可視、紫外可視近赤外分光光度計