機器利用

HOME > 機器利用 > 近接場光学顕微分光装置

機器情報一覧へ戻る

近接場光学顕微分光装置

メーカー名 日本分光㈱
メーカー
商品名/型式
近接場顕微分光装置/NFS-230HKG
性能・仕様 ○近接場プローブタイプ:ファイバー開口型
○近接場測定モード:イルミネーション‐コレックション、イルミネーション、コレクション
○近接場試料ステージ可動距離(測定時):XY 約50μm, Z 約15μm
○近接場試料ステージ分解能:約5nm
○最大試料サイズ:35×45×3mm
○レーザ:532nm 50mW
○CCD検出器
○測定波長(波数)範囲:100~4000cm-1(ラマン),532~860nm (蛍光)  
用途 高空間分解能での蛍光スペクトルおよびラマンスペクトル測定
対象試料 固体(セラミックス、高分子材料等、レーザ照射により分解しない試料)
利用料金 3,200円/時間
近接場測定の際には、近接場プローブをご持参ください。
機器利用
研修費
受講料4,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2013年3月
担当部署 材料・分析技術部 化学材料グループ
業務コード 3112143

機器利用に関するお問い合わせ

顕微ラマン、顕微蛍光、近接場蛍光、スペクトル測定、定性分析、raman