機器利用

HOME > 機器利用 > 示差走査熱量測定装置(繊維)

機器情報一覧へ戻る

示差走査熱量測定装置(繊維)

示差走査熱量測定装置(繊維)
メーカー名 日立ハイテクサイエンス
メーカー
商品名/型式
示差走査熱量測定装置/DSC7020
性能・仕様 測定原理:熱流束方式、測定温度範囲:-150~720℃(液体窒素使用時)、昇降温速度:最大100℃/min、雰囲気:窒素ガス雰囲気下)、測定レンジ:±350mW、試料容器:AL製簡易密封容器
用途 材料の温度変化に伴う熱の流出入を測定し、転移温度や熱量などの情報を取得する。
対象試料 繊維材料、無機材料、高分子材料
利用料金 1,200円/時間
機器利用
研修費
受講料4,000円
設置場所 西脇
注意事項 使用温度範囲は-70℃~550℃です。液体や揮発性物質が発生する試料は測定をご遠慮願います。
設置年月 2013年1月
担当部署 繊維工業技術支援センター
業務コード 9112320

機器利用に関するお問い合わせ

DSC、示差走査熱量計、熱分析装置、熱分析システム、示差走査熱量測定装置、熱流束型示差走査熱量計