機器利用

HOME > 機器利用 > 熱分析装置(示差熱天秤)

機器情報一覧へ戻る

熱分析装置(示差熱天秤)

メーカー名 ㈱リガク
メーカー
商品名/型式
差動型示差熱天秤/TG8120
性能・仕様 【高温のもの】測定温度範囲:室温〜1500℃ 昇温速度:100℃/min 試料量:最大1g TGレンジ:500mg TG分解能:0.1µg DTAレンジ:2000µV
【その他のもの】測定温度範囲:室温~1100℃ 昇温速度:100℃/min 試料量:最大1g TGレンジ:500mg TG分解能:0.1µg DTAレンジ:2000µV

用途 物質の温度を変化させたときの吸熱・発熱変化を測定する
対象試料 セラミックス材料、金属材料、高分子材料など
利用料金 使用環境によって変わります
高温のもの 7,500円/時間
その他のもの 2,100円/時間
機器利用
研修費
受講料3,000円
設置場所 神戸
注意事項 機器利用の場合は、最初に機器講習を受けていただきます。
(受講料3,000円と講習時間分の利用料金が必要です。)
設置年月 2010年01月
担当部署 材料・分析技術部 化学材料グループ
業務コード 3112370、3112360

機器利用に関するお問い合わせ

MFR、MI、流動性、射出成形、JISK7210、プラスチック成形