機器利用

HOME > 機器利用 > 電気・電子特性評価装置

機器情報一覧へ戻る

電気・電子特性評価装置

メーカー名 ㈱東陽テクニカ
メーカー
商品名/型式
比抵抗・ホール測定システム/ResiTest8308、誘電率測定システム/WKR6510P
性能・仕様 【比抵抗・ホール測定システム】ファンデアパウ法による比抵抗測定と交流磁場法によるACホール測定、熱電能測定、磁気抵抗測定が可能。比抵抗:10^-8~10^9Ωcm、ホール移動度:0.02cm^2/Vs以上、キャリア濃度:10^27cm^-3以下、試料温度(He雰囲気):20K~300K、室温~873K(真空中では1073Kまで)【誘電率測定システム】固体・液体・粉体および薄膜の比誘電率測定、等価回路解析が可能。測定周波数:20Hz~10MHz、直流バイアス電圧:-40V~40V
用途 無機および有機材料の比抵抗、ホール移動度、キャリア密度の測定。熱電材料の熱電能測定。磁気抵抗材料の磁気抵抗効果測定。半導体材料のC-V特性評価。
対象試料 無機材料、有機材料
利用料金 4,700円/時間
機器利用
研修費
受講料5,000円
設置場所 神戸
注意事項
設置年月 2012年10月
担当部署 材料・分析技術部 無機材料グループ
業務コード 3112910

機器利用に関するお問い合わせ

ホール効果、Hall効果、キャリア濃度、キャリア密度、移動度、ゼーベック、熱電能、磁気抵抗、誘電率、誘電損失、Q値、薄膜、粉末、液体、プローバ、誘電体、半導体、CV特性、P-Eヒステリシス、周波数、インピーダンスアナライザ、LCR、ソースメジャーユニット、SMU、電気電子特性評価装置