兵庫県立工業技術センター > 活用事例集 > 深部体温測定も可能なウェアラブル多機能生体センサ

活用事例集一覧へ戻る

深部体温測定も可能なウェアラブル多機能生体センサ

 高温環境下の作業者や高齢者の見守り、熱中症予防などの活用を想定し、アフォードセンス(株)は兵庫県立大学および兵庫県立工業技術センターと共同で、生体情報、活動情報、環境情報を非侵襲でリアルタイムかつ連続的にモニタリングできる多機能ウェアラブル生体センサ(Vitalgram CT)を実用化しました。特に、ウェアラブルでの深部体温の測定は世界初です。深部体温は表面温度とは異なり、外界の影響を受けない安定した体温で、現在は直腸、鼓膜、食道などの温度を測っています。深部体温が逸脱すると体温調整機構が正常に機能しなくなり、生命に危険がおよぶこともあります。


サンプル出荷しているVitalgram®

センサ本体

 Vitalgram CTは世界最小・最薄型・最軽量な絆創膏型生体センサVitalgram®を樹脂ケースに組込み、深部体温計測を実現しました。深部体温は、皮膚表面と空間を挟んだ回路基板上の微小な温度差から、体内から体表面への熱流を測ることで推定しています。本センサでは、深部体温以外に生体情報(心電/心拍、体表温度、汗)と活動情報(活動量、活動状態、姿勢)、更に環境情報(温度、湿度、高度)を測定できます。また、ハードウェアおよび組込みソフトウェアを最適化して低消費電力を実現したため、Bluetooth無線を介してスマートフォンやタブレットで24時間以上の連続記録が可能です。


絆創膏型生体センサVitalgram®


専用ベルトによる本センサの装着イメージ

クラウドサービス

 スマートフォン等の記録データをクラウド上のサーバに転送することにより生体情報と作業負荷との相関や疲労解析等様々なデータ解析をすることが可能です。右グラフは、上から、行動推定結果、深部体温、心拍、呼吸数、自律神経のバランス指標と疲労度を表示しています。


クラウド上でのリアルタイム表示および信号解析

開発年度
事業、研究名 情報技術
公開情報 特開 2018-139757 生体信号計測装置
特開 2019-012027 生体データ測定装置(US出願 No. 16/201,462、中国出願 No. 2018114543302)
お問合せ先 ■アフォードセンス株式会社
〒671-2280 
姫路市書写2167 
兵庫県立大学インキュベーションセンター
Tel. 079-267-6019
http://www.AffordSENS.com
■兵庫県立工業技術センター
材料・分析技術部 才木 常正

センサ、ウェアラブル、生体計測、見守り、IoT(Internet of Things)