機器利用

HOME > 機器利用 > 高周波プラズマ発光分光分析装置

機器情報一覧へ戻る

高周波プラズマ発光分光分析装置

メーカー名 セイコーインスツル㈱
メーカー
商品名/型式
ICP/SP5000型
性能・仕様 CCD半導体検出器による多元素同時測定方式
用途 高周波プラズマ発光分光分析による溶液試料中の金属元素の定量
対象試料 溶液試料:可燃性有機物、フッ酸を含まないこと
利用料金 3,700円/時間
当面外部利用を停止します。
機器利用
研修費
受講料4,000円
設置場所 神戸
注意事項 JIS分析法:G1202、G1203、G1251、G1253、Z2611
設置年月 2002年12月
担当部署 材料・分析技術部 無機材料グループ
業務コード 3112650

機器利用に関するお問い合わせ

ICP 高周波 プラズマ 発光分光