研究アクティビティ

HOME > センター紹介 > 研究アクティビティ

主要研究(令和3年度)

科研費・基盤C 大気圧ヘリウムプラズマ照射を援用した光触媒反応向上による水素発生プロセスの開発
科研費・基盤C メタロフォルダマーのばね特性を利用した応力発光材料の創製
科研費・基盤C 相転移温度近傍における電気/磁気双極子秩序の同時制御による新奇冷却素子の創製
科研費・基盤C ダイバーのための海水を利用した独創的な生体電気計測手法の確立とシステム開発
科研費・基盤C 表面濃縮を誘起する含フッ素接着材料の開発と異種材料との接合
科研費・基盤C 深穴加工にも対応でき、高い形状精度を有する曲がり穴放電加工法の確立
科研費・基盤C 健康長寿社会のための筋骨格モデルにもとづくエキササイズのGUIデザイン
科研費・基盤C 「アクアファバ」に含まれるオリゴ糖・ペプチドの構造と機能性および食品としての利用
科研費・若手B 新奇酵素反応による細菌のプロテオスタシス制御:我々とは異質な酸化ストレス適応戦略
科研費・研究活動スタート支援 PVDFの高性能センサデバイス応用に向けた結晶構造・分極配列制御手法の開発
(公財)マザック財団研究開発援助・助成金 酸化被膜を形成したマイクロCBNエンドミルの切削特性に関する研究
神戸挑戦企業等支援補助制度 撹拌用回転体を利用したオゾンマイクロバブル発生装置の開発と火力発電設備海水主冷却設備の海水防汚設備への適応化研究
兵庫県最先端技術研究事業 健康/運動/生活データの統合・解析・シミュレーションによる健康増進システムの開発
兵庫県最先端技術研究事業 植物性由来の有機アルミニウム化合物を用いた安全・安心な次世代化粧品配合剤の開発
兵庫県最先端技術研究事業 世界を魅了する黒毛和牛の牛脂を活用した世界初の和牛コスメ霜降りの奇跡プロジェクト
兵庫県最先端技術研究事業 ポストコロナ、持続的成長を可能にする神戸ビーフの新評価基準創設と海外展望
技術改善研究 持続可能性に配慮した環境対応型製革技術に関する研究
技術改善研究 杢糸と織物組織を用いた先染織物の意匠性向上に関する研究
技術改善研究 AIによる画像認識技術を用いた黒毛和牛の個体識別
技術改善研究 計算化学における天然ゴム(RSS)の臭気成分および触媒の安定構造の評価
重点領域研究開発事業 一次(農林水)産業へのIoT技術支援に関する研究
重点領域研究開発事業 はりま酵母が生成する香気成分の特性解析
西村友里
重点領域研究開発事業 パイナップル葉繊維からなる高品質紡績糸の製造に関する研究
成長産業育成コンソーシアム発最先端研究事業(コンソ発COEプログラム) 超難削材の最適切削技術の研究

研究員の経常研究(令和3年度 50音順)

researchmap 主な研究テーマ
青木 俊憲 ショットピーニングおよび熱処理による表面硬化チタン合金の作製
阿部 剛 自由曲面の高精度なリバースエンジニアリング手法の改良と自動化
泉 宏和 Bi系酸化物による焦電型エネルギーハーベスティングに関する研究(2)
金谷 典武 再帰型ニューラルネットワークの活用に関する研究
岸本 正 紫外レーザ加熱を利用したステンレス鋼箔板の3次元曲げ加工に関する研究
佐伯 光哉 高分子材料の質感制御方法に関する研究 ~指部の動きと力学的情報の関係~
坂尾 光正 酸化物自立膜の作製と応用
瀧澤由佳子 魚用生体電気計測法の開発
中里 一茂 放射無線周波数電磁界イミュニティ試験の高レベル評価
中野 恵之 静電噴霧法を用いた樹脂加工方法
西村 友里 はりま酵母の酢酸イソアミル高生産株の育種
西森 昭人 革のレーザー加工における安全性に関する研究
新田 恭平 繊維加工におけるセルロースナノファイバーの利用とその効果
野崎 峰男 はんだミニチュア試験片による電子デバイスはんだ接合部のクリープ疲労寿命予測法の開発
浜口和也 多刃CBNエンドミルの切削特性に関する研究
原田 修 液晶紡糸コラーゲン繊維の圧電性について
原田 知左子 はりま酵母の香気成分改良の検討
平山 明宏 レーザー粉末床溶融結合法(L‐PBF)における超音波振動効果に関する検証
福井 航 モーションキャプチャと筋骨格シミュレータを用いたユーザビリティの定量評価
福住 正文 Fe-Rh合金薄膜の作製と格子歪みによる磁気相転移温度
福田 純 ものづくり産業のスマート化に適用可能なAI技術の開発 -第1次産業への活用-
藤田 浩行 パイナップル葉繊維の特性評価と播州織への適用に関する研究
森 勝 導電性バイオマス高分子のキャラクタリゼーション
山岸 憲史 金属種の析出反応を利用した抗菌革の製造に関する研究
山下 満 微小部エックス線回折測定を実現するためのアライメント機構の検討
山田 直輝 フラーレンを含む複合めっきに関する研究
吉岡 淳也 トポロジー最適化を用いた従来の加工法によって製造可能な最適化形状の検討
吉田 和利 毛髪ケラチンフィルムを用いた代替毛髪評価法の検討(2)