過年度の主要研究

HOME > 過年度の主要研究

令和2年度 主要研究

科研費・基盤C 相転移温度近傍における電気/磁気双極子秩序の同時制御による新奇冷却素子の創製
科研費・基盤C ダイバーのための海水を利用した独創的な生体電気計測手法の確立とシステム開発
科研費・基盤C 表面濃縮を誘起する含フッ素接着材料の開発と異種材料との接合
科研費・基盤C 大気圧ヘリウムプラズマ照射を援用した光触媒反応向上による水素発生プロセスの開発
科研費・若手研究 メタロフォルダマーのばね特性を利用した応力発光材料の創製
科研費・若手B 新奇酵素反応による細菌のプロテオスタシス制御:我々とは異質な酸化ストレス適応戦略
戦略的基盤技術高度化・連携支援事業 独自の炭素被覆形成法を用いた低価格燃料電池用金属薄板セパレータの開発
兵庫県最先端技術研究事業 オゾンウルトラファインバブルを活用した火力発電所主冷却水における海洋汚損対策
兵庫県最先端技術研究事業 健康/運動/生活データの統合・解析・シミュレーションによる健康増進システムの開発
兵庫県最先端技術研究事業 ウェアラブル深部温度計測センサによる感染症罹患早期発見システムの研究開発
兵庫県最先端技術研究事業 農家の高齢化と人手不足を解消する安価で高精度な軌道制御型不整地歩行ドローンの開発
松本哲也、福井航
兵庫県最先端技術研究事業 高速PCRのための弾性表面波デバイスの開発
技術改善研究 3Dプリンタで造形した砂型の特性および活用性評価
技術改善研究 ゴム3Dプリンタ用新規ゴム素材の研究開発
技術改善研究 杢糸と織物組織を用いた先染織物の意匠性向上に関する研究
技術改善研究 銀ナノ粒子を用いた皮革の抗菌・抗カビ化に関する研究
技術改善研究 深層学習を利用した画像からの物体認識技術に関する研究
金谷典武、中里一茂、福井航
重点領域研究開発事業 魚介類の高効率養殖を目指した低負荷の魚用生体電気計測法の確立
重点領域研究開発事業 弾性表面波を利用した電気化学分析デバイスの可能性に関する研究~花粉センサとしての利用を想定して~
重点領域研究開発事業 兵庫県産黒毛和牛の鼻紋による個体識別のスマート化
福田純、松本哲也、福井航
重点領域研究開発事業 リサイクル炭素繊維と炭素繊維複合糸からなるバネ材料の開発

令和元年度(平成31年度) 主要研究

科研費・基盤C マイクロエンドミルによるマイクロニードルアレイの高機能・低侵襲化に関する研究
科研費・基盤C デジタルハンドシュミレータを用いたグリップデザインシステム
科研費・基盤C ダイバー(潜水者)のための次世代口腔内センシングシステムの開発
科研費・基盤C 大気圧ヘリウムプラズマ照射を援用した光触媒反応向上による水素発生プロセスの開発
科研費・基盤C 相転移温度近傍における電気/磁気双極子秩序の同時制御による新奇冷却素子の創製
科研費・挑戦的研究 つり下げ電極を用いた放電加工による小径曲がり穴の創成
科研費・若手B 共生細菌由来の新奇酵素によるリグニンの変性
科研費・若手B メタロフォルダマーのばね特性を利用した応力発光材料の創製
未来社会創造事業 健康モデル化によるスマートインタラクティブサービス
戦略的基盤技術高度化・連携支援事業 独自の炭素被覆形成法を用いた低価格燃料電池用金属薄板セパレータの開発
兵庫県最先端技術研究事業 毛髪の熱変性と蛋白質の流出を抑制する次世代「縮毛矯正用低温パーマ」技術の開発
兵庫県最先端技術研究事業 プラスチック射出成形を用いたアルミ―エンプラマルチマテリアルの創成と実用化
兵庫県最先端技術研究事業 オゾンウルトラファインバブルを活用した火力発電所主冷却水における海洋汚損対策
兵庫県最先端技術研究事業 神戸ビーフにおける可視化に繋がる屠畜後の熟成と精肉工程特性に及ぼす屠畜月齢の検討
技術改善研究 糸むら形状を利用した新規織物の開発に関する研究
技術改善研究 新規ジルコニウム鞣剤を用いた鞣しに関する研究
技術改善研究 複合センサを利用した屋外環境の三次元モデル化に関する研究
金谷 典武、松本 哲也、中里 一茂、福井 航
技術改善研究 電子デバイス接合用はんだのミニチュア試験片を用いたクリープ疲労寿命評価法の開発
技術改善研究 3Dプリンタで造形した砂型の特性および活用性評価
技術改善研究 ゴム3Dプリンタ用新規ゴム素材の研究開発
重点領域研究開発事業 弾性表面波デバイスを用いた気中ダスト分析装置の要素技術の構築
重点領域研究開発事業 生体電気計測における陸上と海中での外部ノイズの影響
重点領域研究開発事業 感性指標に基づいた製品の評価方法に関する研究
松本 哲也、平田 一郎福井 航
重点領域研究開発事業 触媒を用いた天然ゴム(RSS)の悪臭の軽減に関する研究
重点領域研究開発事業 トポロジー最適化を用いた三木金物(手工具)に対する軽量化設計の可能性調査
吉岡 淳也、平山 明宏、山口 篤