HOME > その他 > 感染症の拡大防止に向けた対策のお願い

感染症の拡大防止に向けた対策のお願い

その他

1. 趣旨

緊急事態宣言の解除に伴い、工業技術センターの研修室(セミナー室)を利用した会議・研修等の開催については、新型コロナウイルス感染防止策を徹底して下さい。

2. 基本的な考え方

感染防止のため、可能な範囲でオンライン会議等の活用に努めて下さい。人が集まる会議・研修等を開催する場合は、感染防止策を徹底して下さい。特に次にあげる3つの「密」を避けて下さい。

  • 密閉空間(換気の悪い密閉空間である)
  • 密集場所(多くの人が密集している)
  • 密接場面(お互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

3. 人が集まる会議・研修等を実施する場合の感染防止策

会議・研修等の開催にあたっては、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避を基本に、以下の取組みを徹底して下さい。

(1)換気の徹底

  • 窓が開閉可能な場合は、窓を開けて行う又は休憩時等に窓を開けるなど、換気を徹底して下さい。冷暖房運転時には、窓の開放時間を調整するなど室温等にも十分配慮して、適切な換気に努めて下さい。

(2)接触感染の防止

  • せっけんによるこまめな手洗いを徹底して下さい。
  • 感染防止に有効とされている手指消毒用アルコールを備え付け、入手できない場合は入室時等にこまめな手洗いを徹底させて下さい。
  • 使用する物品、パソコン等については、消毒を徹底するとともに、複数人での共用をできるだけ回避して下さい。

(3)飛沫感染の防止

  • マスク着用咳エチケットを徹底して下さい。
  • 会場の定員の50%以内(屋内)かつ国の基本的対処方針等が示す人数上限を参加人数の目安として下さい。
  • 席の配置にあたっては、人と人との間に十分な距離の保持(1メートル以上)に努めて下さい。
  • 会話や発声時には、特に間隔を空ける(2メートル以上)よう努めて下さい。

(4)その他

  • テレビ会議、電話、電子メール等の活用により、人が集まる形での会議等をできる限り回避して下さい。
  • 風邪症状等がある場合には、会議等へ参加しないよう関係者に予め周知徹底して下さい。
  • センター神戸にご入所の際は、入口に設置された測定器体温に異常がないかご確認下さい。体温測定器
  • 休憩スペースやトイレ等においても、換気の徹底、座席の間隔の確保し、手洗い又は手指消毒を徹底して下さい。

4. 日常生活における感染防止対策のお願い

新型コロナウイルス感染症への対応策については、新たな知見が得られるたびに充実・更新されています。 最新の情報は厚生労働省ホームーページや兵庫県ホームーページをご確認下さい。

  • 通勤・出張における感染防止行動の徹底
  • 時間外等における感染防止行動の徹底
  • 家庭での感染防止対策の徹底
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」等を避ける行動の徹底
  1. 飲食を伴う懇親会等
  2. 大人数や長時間に及ぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 休憩室、更衣室等

兵庫県における新型コロナウイルスへの対応について(外部サイト)
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言|内閣官房(外部サイト)